スカイラインの魅力

日本で作られたスポーツカーはこれまでたくさんありましたが、スカイライン程スポーツセダンなのに、ふさわしいクルマはなかったと言ってもいいかもしれません。そのスカイラインがモデルチェンジをしてインフィニティーとして売られることになった事は記憶に新しい。これまでのスカイラインが優れた部分が多い車ではあったが、新しいスカイラインもとても完成度の高い車として評価していいだろう。手段としての性能だけではなくスポーツカーとしても、とても評価できる。エンジン性能も素晴らしい。ベンツ製の3,000 ccターボエンジンを積んでいるが、この完成度も非常に高い。ハンドリングもさらに煮詰まってると言う感じがする。それはとても素晴らしくてスカイラインらしいきびきびとしたハンドリングを実現している。しかしスカイラインは単なるセダンとしての評価がメインであり、このスポーティーなハンドリングが目立つ事はあまりない。この点はとても残念である。スカイラインという車はもはや古典的な車であると言えるかもしれない。しかしこの車に魅力を感じる人が必ずいるといってもよくスカイラインが今後も日本で生き残っていくには十分な条件が揃っていると思う。しかし、この車が昔のように受けるかといえば、それは甚だ疑問である。スカイラインといえば比較的コンパクトは車であったが今はやや肥大化してしまっており、スポーティーなイメージがなくなってしまっている。BMWのような軽快なイメージはなく、かといってレクサスのような重厚なイメージでもない。どうも中途半端なイメージが否めない車になってしまっている。日産はこの点を改善していく必要があるのではないか。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り